労働者供給事業について

供給と派遣の違い

供給と派遣の違い

 「派遣」は「労供」と似ていますが、大きな違いは、営利企業が営利を目的として行う事業であるため、賃金は、派遣元から支払われることになり、中間マージン(派遣料金と賃金の差額)が存在することです。また、このマージンの法的規制はありません。

「労供」の「派遣」との違いは以下の点があります。
1. 「労供」は無料であり、営利を目的としません。
2. 供給されるのは労働組合等の組合員に限られます。
3. 供給先の業務や期間に制限がありません。

供給と派遣の概念

供給と派遣の概念
[供給と派遣の概念]

 供給というのは何らかの形で支配(あるいは、統制)するものを他の下で働かせることを言います。ですから、派遣は本質的には供給です。
 派遣は供給の一部、労働者との雇用関係がある場合を取り出して、労働者派遣法の枠組みの中で一般の企業にも供給を認めたものです。
 現在の法律では、派遣と供給は別概念、ということになっています。